CARDRIVEGOGO アーカイブ・ブログ

はてなダイアリーで書き殴っていた自動車に関する放言記事を1つのブログにまとめました。

アウディTTクワトロスポーツコンセプト 「そして・・・日産が疼き出す」

  次期TT-RSに相当するモデルのコンセプトカーのようです。それにしても「ホットカー」という言葉がよく似合うサイズとスペックですね。ルマンでトヨタが全力で挑んでも勝てないアウディの実力は確かなものがあるようです。2Lターボであの日産GT-Rに迫る実力のクルマが次々と現れる時代がやってきました。この前までGT-R911ターボが必死に競った「0-100km/hで3秒台」という次元に次々と2L車が突入してます(まだエボとこのTTだけですが・・・)。

  TTがここまで出力アップできるということは、VWゴルフRにもそれが応用できるわけで、スバルもお尻に火が付いた感じが・・・。いつまでも「保証が出来ないから400ps以上は無理」とか言ってられないです。まあ見方を変えればスバルの方がよっぽど「自動車メーカー」としては健全ですけど・・・。しかしAWDスポーツの先導的ブランドというイメージを守ることも熱心なファン(スバリスト)のためにもスポーツブランド・スバルに課せられた「義務」だと思います。

  日産もいよいよフェアレディZに2Lターボを載せて、「趣味のクルマ」市場のラインナップを拡大する構えです。仕事が無いルノーや三菱の余剰工場に利幅の少ない小型車製造を丸投げして・・・はちょっと言葉が悪いですが、メルセデスとの連携を上手く利用してブランドイメージを上げる絶好のチャンスですから、ここらで1台「プレミアムな楽しいクルマ」があってもいいですね。

  Zに2Lターボを積むのは決定済みで、年内の発売までカウントダウン状態。合わせてスカイラインクーペも登場する予定です。当然ながら、ZとスカクーもWRXレヴォーグみたいな「抱き合わせ」開発です。特にスポーツ路線のZと2Lターボの組み合わせには、日産の「ドリ車」復活という期待がかかるわけですが、フロントが軽くなったので「FR」にこだわらなくても良くなったのでは・・・。

  そして日産には抜群のAWD技術があるわけですから、「TT-RS」に対抗した「フェアレディZ-Rニスモ」で0-100km/hのタイムで2Lクラスの頂点を狙ってくることも考えられます。エンジンは打倒アウディに燃えるメルセデスと共同開発しても良さそうですが、とりあえずほぼ子会社化している三菱のランエボX(欧州限定モデル)の400ps超のものが使えるのでは? もしかしたらもうとっくに完成しているのかもしれません。日産とは「そういう」メーカーだと信じております。


「最新投稿まとめブログ」へのリンク