CARDRIVEGOGO アーカイブ・ブログ

はてなダイアリーで書き殴っていた自動車に関する放言記事を1つのブログにまとめました。

メルセデスAクラスはあんなメチャクチャなトラクションなんだ

  Aクラスといっても旧型です。先日見かけた個体はひどいものでした。ドライバーの性格にもだいぶ問題があるのだろうけど、あのぎこちない出足を見せられるとこのクルマは本当に大丈夫か?と思ってしまうほどです。ドライバーがクルマの性能を過信しているのかもしれないが、日本であそこまでブサイクな発進をするクルマはまずお目にかかれないレベル。せっかちな人間がCVT乗っていらいらしてる感じが伝わってきます。メルセデスも実に罪作りなクルマを作ったものです(実際は三菱の仕業ですが)。何がそんなに気に入らないのかというと、コイツの意味不明な挙動とタイミングのレーンチェンジのせいで、後ろを走っていてムダにブレーキを踏まされたから・・・。

  日本車のコンパクトカーは大概が軽いので出足は割とスムーズ。それでも中にはゆっくりと立ち上がるクルマもいて、ターボ付いてる欧州の「チビ」に突っつかれているのも良くみかけます。最近ではプリウスの出足はそれほど悪いと感じないですが、アクアに関してはやはり明らかにテンポが悪いです。カローラHVはこれがだいぶ改良されているようなので、アクアも今後はこの改良版でお願いしたいものです。ただしアクアが欧州チビの前に立ちはだかって、「チビ」がブレーキランプをピカピカさせているのを見ると、「バカ丸出し」だなと思います。

  低速トルクしか能がないくせにどんだけ粋がってんだか・・・。そもそも欧州の「チビ」どもの発進もメチャクチャなんです。ワンテンポ遅いくせにそこから過給スタート・・・前にぶつかりそうになって慌ててブレーキ。本人は前のクルマに意味不明な怒りをぶつけているようですが、それよりも問題はこのアホ欧州チビの後ろの車列で、「オマエの不要なブレーキで後ろは渋滞しちまうんだバカたれ!ちゃんと前のクルマの車速を考えて走れ!」ということになります。

  コストダウン以外の何者でもない廉価版DCT。欧州の「安物車」は全てこれになってしまいました、高価なATやMT搭載車は輸入されておりません。それでも日本の代理店(ディーラー)はユーザーに「フェラーリランエボGT-R」と一緒ですよとか甘い言葉を囁く。原理的には同じものだけど、コストかけなければいいものは出来ないのはクルマの部品全てに共通する真理ですよね。そもそも「信号地獄」の日本でチョイ乗り用のDCT車なんて絶対にナンセンス。都市部でワ◯ゲンとかガチで「バカ丸出し」ですよ!みなさんディーラーの甘い言葉に気をつけて!
  



「最新投稿まとめブログ」へのリンク